有限会社ミント




会社案内


アクセス


施工事例



社長の趣味をこだわる生活



お問い合わせ









 TOPに戻る



 有限会社ミント
 福岡県宗像市日の里1丁目27
 新力丸ビルC号



ボスの部屋vol.4
2011.12.26

BOSSです。
お久しぶりです。

今回は車以外の記事をと思いましたが、
やはり車の記事を中心にご紹介する事にしました。

私の子供の頃一台のカッコイイ車がありました。
ボディーは白、マークは荒野を走る鳥のキャラクターで
アメリカぽく他の車とは少しスタイルが違う未来を感じさせる車
それがシャパラルでした。

今回はシャパラルの事を少しご紹介します。



シャパラルとは、アメリカ南西部の荒野に生息するカッコウ科の鳥で
飛ぶ事は出来ないが走るのが速く「ビイビイ」と鳴きながら荒野を駆けると言われています。
アニメでも知られている鳥で、別名ロードランナーともよばれています。

シャパラルは開発オーナー兼ドライバーのジム・ホールがGMより支援を受けて開発したようです。
レーシングカーでは初めてオートマチックトランスミッションを採用したそうですよ。

詳しい情報は今回ご紹介する本でご覧下さい。
少し古い本ですので入手するのが難しいかもしれませんが・・

左 二玄社シャパラル(2008年5月再出版)
中 (株)ニューズ出版シャパラル写真集 The Texas Roadrunner(1993年8月出版)
右 Motorbooks International出版 CHAPARRAL

今回のモデルは

スロットカー左  MONOGRAM製スケール1/32 chaparral 2C(1963〜1965)
スロットカー中左 (レストア中)1969年stram becker製スケール1/32 chaparral 2D AMERICAN COUPE(1966〜1967)
スロットカー中右 Slot.It製スケール1/32 chaparral 2E(1966)
スロットカー右  SCALEXTRIC製スケール1/32 chaparral 2F(1967)

それとシャパラルカーズは当時憧れのアメリカ模型メーカー「COX」がサポートしていたようです。
シャパラルのボディーに貼られていた貴重なデカールを以前知人より頂いたのでご紹介します。





今回最後にモータースポーツのウェアーでもよく目にするパッチ(ワッペン)をご紹介します。
ビンテージ風にウェアーを仕上ましょう。



今回は以上で終わりますが、来年は車好きの皆さんと情報交換をしながら面白い記事を掲載したいと思います。
では、2012年良い年をお迎え下さい。
inserted by FC2 system